柴崎動物病院

しばさきどうぶつびょういん Shibasaki Animal Hospital

柴崎動物病院 院内設備

新しい機器のご案内

ERG(網膜電図)測定器

ERG網膜電図

今までは他院の機械をお借りしておりましたが、院内でできるようになりました。
視覚喪失が疑われるとき網膜疾患と脳神経疾患の鑑別に効果的です。また白内障の術前検査がいつでも当院で行なうことができるようになりました。

甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、胆汁酸の測定器

画像の説明

従来は外部検査機関での測定でしたが院内での測定が可能になりました。
イヌ・ネコに多いホルモン疾患が少量の検体で院内で迅速に結果がえられるようになりました。
特に老齢のイヌ・ネコにおいて健康診断に組み合わせて測定することをお勧めいたします。
ご希望の際はお気軽にお声おかけ下さい。
既に測定され、加療中の患者さまに関しては今後は院内で治療効果の確認が可能になりました。

内視鏡 極細径スコープ

画像の説明

内視鏡に5.5mmの極細径スコープを導入いたしました。
消化器だけでなく、鼻の奥や肺の入り口など多彩な部位の鏡検が可能になりました。








診察

柴崎動物病院診察台

上下可動式診察台

大型犬でも乗り降りがしやすいよう、床面ぎりぎりまで下がります。

検査

眼科検査薬剤・器具

当院ではイヌ・ネコを中心に眼科診療に力を入れております。
眼は特殊な感覚器なので、特別な薬剤や器具を用いて検査いたします。肉眼ではみえないような微細な変化を拡大鏡などを用いた画像でわかりやすく説明いたします。
          柴崎動物病院眼科器具


血圧計(RAMSEY Medical petMAPgraphic)

血圧計

イヌ・ネコ専用の血圧計です。
特に高齢のネコちゃん、ワンちゃんでお勧めです。

また、腎不全や心不全がある場合、二次的に高血圧を起こすことが知られています。症状が出てしまう前に検査・治療を行うことをお勧めします。
動物種による違いだけでなく、測定部位による違いも考慮して精度の高い測定を行います。

犬専用CRP測定機器(Arrows & Company LimitedLaser CRP-2)

柴崎動物病院CRP

従来の一般的な血液検査に加えて、C反応性蛋白(CRP)が測れるようになりました。この検査によって、より鋭敏に体の炎症を検出することが可能です。感染や腫瘍、免疫異常など様々な原因による炎症を、より迅速・的確に把握することができます。また、慢性疾患に関しては定期的に測定することで、病気の変化を把握することができます。目にみえて悪くなる前に治療することが可能です。


その他血液検査機器

2月より血液生化学検査の機械を新しくいたしました。従来の検査項目に加えて院内で測定可能な項目が増え、診断・治療の精度がより上がります!!!
さらに、オーナー様にお渡しする結果用紙も見やすくわかりやすく改善していく予定です。
カタリストモニター カタリスト本体

柴崎動物病院血液検査機器
白血球の値や貧血がないかを調べる血球計算、肝臓や腎機能を調べる血液生化学検査機器、血液中の主要な電解質の値を調べる機械、迅速に血糖値を測る簡易血糖測定器など一般的な血液検査の機械もそろえております。

尿比重計(ATAGO pocket refractometer)

尿比重計

ヒト、イヌ、ネコとでは尿の屈折率の違いから適切な尿比重を調べるのには専用の機械が必要になります。


超音波エコー診断機(TOSHIBA Prime Ultrasound Xario)

柴崎動物病院エコー

当院の超音波エコー診断機は、人間の医療でも使用しているTOSHIBA Xarioです。高画質性能にこだわった本機によって、より詳細な情報を提供できるようになりました。膵臓や副腎疾患など、診断困難な病気発見の一助になっています。

レントゲン撮影機(TOSHIBA VPX-120)

柴崎動物病院レントゲン

三次元可動式撮影テーブルと小鳥のような小型軽量動物にも対応するレントゲン撮影機です。また、透視装置も備え、臓器の動きなども確認することが可能です。造影剤の流れなどもリアルタイムで確認することで、より的確な診断が可能です。

デジタルラジオグラフ(FUJIFILM DR CALNEO)

DR

放射線の量をデジタル化した電気信号として取り出し,画像化する方法で、従来のアナログ式のレントゲンよりも迅速に繊細な画像を得る事ができます。病変部のコントラストや拡大率も撮影後に操作することができ、より確実な検査が可能になりました。



マイクロチップ装置(ライフチップバイオサーモ)

柴崎動物病院マイクロチップ

固有のID番号をもつマイクロチップを皮下に埋め込み、専用のリーダー(読みとり装置)を使って確実に個体識別します。迷子や災害。盗難等あらゆる状況での身元確認が容易になります。微少なチップは埋め込みか所にも特異な変化をおこしません。装着はわずか数秒。予防注射と同じくらいの痛みしかないので安心です。

手術・治療

手術室


麻酔機・生体モニター装置

麻酔器

ヒトと異なり、動物では手術だけでなく、検査や処置にも麻酔が必要な場合が数多くあります。可能な限り安全な麻酔を行うよう、徹底した生体モニタリングをしております。


手術用顕微鏡(Zeiss pico)

Zeiss

主に眼科手術、脊椎手術など、術野を拡大して繊細な手術が可能です。髪の毛以上に細い縫合糸や組織を顕微鏡下で操作いたします。

白内障乳化吸引器(AMO Soverin Compact)

眼科手術、白内障の手術に使用します。水晶体の乳化吸引を行ないます。また、ハンドピースを付け替える事で硝子体の処理にも使用します。
画像の説明

血管組織シーリングシステム(LigaSure Vessel Sealing System)

sealing

動脈、静脈および血管を含む組織束をシールさせる機械です。 近年、ダックスフントなどの人気犬種で去勢手術や避妊手術の術後に、縫合糸による痩管や肉芽腫が形成される事例が報告されています。当院ではその問題解決のために、人間の手術でも使用されているLigaSureシーリングシステムを導入し、縫合糸を可能な限り用いない手術を基本としています。

内視鏡(OLYMPUS VQ-8143A)

内視鏡

レントゲン検査などでは診断困難な消化器疾患、消化管内異物除去のため、内視鏡シェア世界一のOLYMPUS社製VQ-8143Aを導入しています。猫から大型犬まで対応していますので、ご相談ください。

小動物用ICU装置(FUKUDA M-E製 Dear M10)

柴崎動物病院集中治療室

循環器や呼吸器疾患、代謝病などの救命救急管理に威力を発揮する小動物用のICU装置です。最大40%までの酸素濃度を確実に維持し、電子冷却(ペルチェ素子)方式によって静音性を維持しつつ、温度・湿度を高精度にコントロールできるようになっています。


入院室

入院室は衛生的であることはもちろん。動物達がリラックスできる環境作りも心がけております。


ネットワークカメラ
動物にストレスを与えずに監視ができます。また、外出先からも携帯を使用して、24時間病床の観察が可能になりました。

ip camera
柴崎動物病院安心な入院室
柴崎動物病院快適な入院室にするために

ネコのフェイシャルフェロモン(FELIWAY)
特にネコちゃんは慣れない環境でリラックスしにくいことが多いですが、安心できるような静かな環境や、元来生体から自然に分泌されている「フェロモン」を利用してリラックスしていただけるようにしております。

衛生管理

ap水

ソフト電解水生成器(APS-C30T)
除菌洗浄を目的とした酸性水を生成して院内を清潔に保ちます。

動物たちのために空気清浄機




加湿空気清浄機(KC-B70)
各種微生物の細胞膜のたんぱく質を分解・除去し、感染性疾患の蔓延防止。院内の衛生環境を保ちます。ダニのふん・死がいの浮遊アレル物質のタンパク質をも切断して、作用を低減するといわれています。





powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional